1.実用化を目指して様々な運転条件の変化、改良改善を実施しながら商用機としての完成度を向上させました。
2.実施成果
実施期間 : 平成24年10月〜平成27年3月末 (3年間の継続)
実施場所 : 徳島県那賀町鷲敷工業団地内
対象原料 : 間伐材、木質ペレット、その他の地域バイオマス
        那賀町の多大なるご協力を得て実施しました

発生ガス組成が世界トップレベルであることを実証した
  水素ガス濃度=60% CO濃度=30% を長時間安定的に発生可能なことを実証し、
  改質する事無くFT合成工程に供給してBTL油を合成出来ることを証明しました。
<徳島県・那賀町実証運転 環境省委託事業「地球温暖化対策技術開発・実証研究事業」 完了>
<山梨県・山梨市 NEDO実証事業 完了
業期間 : 平成25年度〜平成27年度 (3年間の継続)
実施内容 : ガス化&ガス精製プロセスの改良改善と実証運転
        FT合成プロセスは富山大学と新型触媒の共同開発
対象物  : 果樹園から排出される剪定枝(桃・ブドウ等) 山梨市の多大なるご協力を得て行いました。


* 小型機ながら、徳島実証設備と同等のガス組成を安定的に実現し、
  上記同様富山大学製のFT合成プロセスに供給してBTL油を合成することが出来ました。